下取りと買取りは全く違う!?2つの違いは必ず知っておこう!

下取りと買取りは全く違う!?2つの違いは知っておこう!

 

皆さんは『下取り』『買取り』の違いは分かりますか?

 

『下取り』と『買取り』どちらも似たような感じに聞こえますが、蓋を開けてみると実際には全く違います。

 

下取りと買取りの違いを細かく知れば、愛車をしっかりと高く売る事ができます。

 

-下取り-

下取りとは、車を買い換える際に今乗っている車を売却し、同じお店で次に購入する車の代金に充てることをいいます。

 

-買取り-

買取りとは、買取専門店に今乗っている車を売却して現金で受け取ることをいいます。

 

どうですか?こうして見ると全く違う事が分かりますよね。

 

「でも、売却する時の値段はどこの店も同じなんじゃないの?」

 

確かにこれだけを見ればそう思ってしまいますよね。

 

実はと言うと…

 

下取りと買取りでは車の売却価格は全く違います!

 

 

厳密に言ってしまえば

 

下取りをしてもらうより買取りをしてもらった方が断然高く売れます。

 

なぜそんなに下取りと買取りの差ができるのかと言うと、決定的に違うポイントがあります。

 

そのポイントとは「査定の基準」と「適正価格」になります。

 

 

査定の基準

-下取りの場合-

各社が持っている下取り基本価格表を元に、車の走行距離・年式・修復歴の有無・外装の傷や凹みを査定し、減額した価格を算出しています。その為、基本価格表以上の額にはなりません。

 

また、社外の装備品やオプションが付いている場合、下取りだとプラス査定になりにくいです。あくまで「純正」という部分が査定対象になります。

 

-買取りの場合-

買取専門店の場合、査定基準となる下取り基本価格表のようなものは無いです。買取専門店では全国の車の相場やオークションの相場を常に収集しており、その収集した情報を元に基本価格を決めます。

 

独自の販売ルートを持っている買取専門店では、社外装備品やオプションはプラス査定の対象となっています。

 

適正価格

-下取りの場合-

下取り基本価格表は定期的に更新されますが、中古車オークションの相場に必ず連動している訳ではないです。買取専門店のような独自の販売ルートを持っていないのでどうしても下取りの価格は低くなりやすいです。

 

下取りというのは、あくまで次の購入車に下取りした代金を充てるという方法の為、購入車ありきの値段になってしまいます。購入車の安くなった金額が果たして下取りによるものなのか、お店のサービス値引きなのか分かりません。要は納得のできた下取り査定金額だったのか不明瞭です。

例:購入車120万 - 下取り車???万円 = 80万円で購入
下取り額が本当に40万円なのか、それとも購入車から元々サービスで値引きすることができる価格も含まれているのか不明瞭

 

-買取りの場合-

買取専門店は独自の販売ルートを持っていることにより、オークションなどを通さず自社の抱える専門店に直接卸したりすることができるので、車の流通がかなり良いです。その為、余計なコストやマージンが掛からないので高価買取に繋がります。

 

買取専門店によっては車種別に買取強化を行っているところもあり、高い価格を提示される場合が多いです。また、買取専門店は数多くある為、競合させることでより最高額で売る事も可能です。

例:A社42万円 B社55万円 C社38万円 D社64万円 E社47万円
買取専門店を競合させたことによって車の最高額が分かる

 

 

どうですか?下取りと買取りの違いについて分かりましたか?

 

車を売る時、買取価格で見るなら買取専門店での買取りの方が高く売れます。

 

しかし、勘違いをしてほしくないのは、下取りにもメリットはあり、買取りにもデメリットがあるという事。

 

とにかく車を損せずに売りたいという方もいれば、車が安く下取りされても面倒な乗り換えをスムーズに行いたいという方もいます。

 

下取り・買取りのメリットとデメリットをしっかりと説明していきたいと思います。

下取りのメリットとデメリット

 

下取りにはデメリットにしか見えない部分も多かったと思いますが、メリットもしっかりとあります。

 

下取りのメリットデメリット

メリット

1.車の売却と車の購入手続きを一緒に行える
売却手続きと購入手続きを一緒にできてしまうので、時間や手間がかからず楽に手続きを行うことができます。

 

2.何度も同じ販売店で買い換えることで、販売店との信頼関係を築ける
車を買い換える際同じ買取店で何度も車を購入していると、買取店の営業マンとの信頼関係を築けるので、車に関しての情報を提供してもらったり、アフターフォローが手厚くなりやすいです。

 

3.新車を購入時、値引きをしてもらえる
新車を購入する時、下取りの値段も入れた値引きの交渉をすることができます。同じ販売店で何度も買い換えていると、常連ということで値引き額が普段より多く値引いてくれる場合もあります。

 

デメリット

1.下取りとしての査定は低い
中古車オークション相場を連動させておらず、自社でもっている下取り基本価格表を元に年式・走行距離などを査定し、減額した査定額を出してきます。例え売却する車が人気車であっても、査定を上げる要素にはなりません。

 

2.メーカーが他社・外車だと査定が低くなる
売却する車が下取りしてもらう販売店のメーカーと同じであれば査定には響きませんが、他社・外車だと査定が低くなります。

 

3.社外の装備品は評価の対象外
エアロパーツ・ホイール・タイヤ・マフラー・車高調など社外品は下取りの査定には全く入りません。どんなに綺麗に仕上げていても評価の対象外となってしまいます。下取りは、純正という部分が評価の対象になります。

 

4.値引きの内容が分かりにくい
新車に乗り換えの際、下取りした車の値段が本当に下取りとしての値段なのか、サービス値引きなのか分かり辛い為、損をしているのか得をしているのか分かりません。

買取りのメリットとデメリット

 

 

買取りには査定額が高くなるなどメリットは沢山ありますが、デメリットになる部分も出てきます。査定額が高くなりやすい分、どうしても手間がかかることがあります。

 

買取りのメリットデメリット

メリット

1.下取りと違って査定額を比較できる
買取りの場合、買取店を競合させて査定額を比較する事で車を高く売ることができます。買取店によって力の入れている車種が違うので、思わぬ高額査定が出ることがあります。

 

2.メーカー・外車問わず高く売れる
メーカー販売店のように、同メーカー車種ではないと査定額が低くなるというようなことが無いので、安心して売ることができます。

 

3.社外の装備品はしっかりとプラス査定
買取専門店では、独自の販売ルートがある為、社外の装備品もしっかりとプラス査定になります。

デメリット

1.納車と売却のタイミングがずれやすい
車を乗り換えする方の場合、車を売却する店とは違う店で車を購入する為、どうしても納車と売却のタイミングがずれて\スムーズにいかなくなってしまいます。

 

タイミングによっては車を使わない生活になってしまう可能性があります。

 

2.査定の買取金額には有効期限がある
査定額は買取店によって有効期限が違います。全国の様々なオークション会場は週1で開催されていることが多く、相場というのは日々動いています。

 

高く売る為にも、査定額がでたらなるべく早く売却するようにしましょう。

 

3.高く売る為に複数の買取店へ査定依頼
車を高く売る為には複数の買取店に査定依頼をしなければなりません。買取店によって強化買取をしている車種が違うので、高く売れる買取店を探す必要があります。

下取りと買取りのまとめ

如何だったでしょうか?下取りと買取りどちらにもメリットやデメリットはあります。

 

・買取店を比較する手間をかけて車を高く売る「買取り」

 

・車が安く売れても手間をかけなくて良い「下取り」

 

下取りと買取りの比較をした場合、皆さんはどちらが『得をする』と感じましたか?

 

できれば手間をかけずに車を高く売りたいですよね。

 

そんな方にオススメしているのが、車買取一括査定です。

 

一括査定では、簡単な情報を入力し、表示された買取店を複数選ぶだけで、選んだ買取店全てに査定依頼を行うことができます。

 

買取店の査定額を比較をする為に、一件ずつ買取店に行かなくて良いのです。

 

買取店のほとんどが出張査定に来てくれますので、面倒なことが一切ありません。

 

一括査定を使えば、納得のいく査定をしてもらえると思います。

 

 

ズバット車買取比較はこちら!

 

提携している有名買取店一覧
 

 


 
トップページ 一括査定ランキング 一括査定の申込み方 申込みから売却までの流れ 車のFAQ