ローンが残っている車は売れる?

ローンが残っている車は売却できるの?

 

 

ローンがまだ残っている車を売却したいと思っている方のほとんどが

 

「ローン残ってるけど車って売却できるの?」

 

「ローン残っていると売却するのに面倒な手続きとかあるのかな?」

 

このような悩みを抱えていると思います。

 

どうしても『車を売る』ということに『ローン』が絡んでくると複雑に見えがちで、売却できるのか不安になってきてしまいます。

 

そんな皆さんへ…

 

ご安心ください!

 

車はローンが残っていても売却することができます!

 

その為には手続きが必要になってきます。

ローンが残っている車の所有権は誰?

 

車を購入した際、ローンを組んで買う方がほとんどだと思います。

 

ディーラー等で車をローンで購入した場合、車検証の所有者欄がディーラー名義(又はローン会社)になっています。(所有権解除手続きを行っている方は別)

 

これは、車のローンが完済されるまで所有者はディーラーにあるということになります。自分は購入手続きはしたものの、あくまで使用者という立場になっています。

 

簡単に言えば

 

「ローンで購入した車は使ってもいいけど、ローンを完済するまで車の所有権は私(ディーラー側)ですからね」

 

と言うことですね。これを所有権留保と言います。

 

また、ローンの完済したからと言って自動的に所有権の解除手続きが行われるわけではないので注意が必要です。所有権の解除手続きは自分からお願いしなければなりません。

 

その手続きを行わないと、ローン完済したのに所有権解除手続きしてないから車が売れない!なんてことになってしまいます。

 

所有権解除手続きの手順

まずは手元に車検証を用意し、所有者欄に記載されているディーラー(又はクレジット会社)を確認し、電話番号を調べて電話をしましょう。

 

内容として、ナンバープレートの番号など車の情報を聞かれます。電話が終わると、後日必要な書類が送られてきます。

 

1.送られてくる書類

■普通自動車
・委任状
・譲渡証明書
・印鑑証明書
(普通自動車は実印必須)

 

■軽自動車
・軽自動車所有者承諾書 又は 軽自動車譲渡等承諾書
・軽自動車検査証申請書 又は 申請依頼書
(軽自動車は認印可)

 

上記があれば手続きが出来る訳ではないので注意です。自分の名義にする際必要なものが出てきます。

 

2.こちら(自分)で用意するもの

■普通自動車
・自動車検証(原本)
・印鑑証明書
・実印(念の為ご用意をお願いします)
・車庫証明書(使用者の住所と印鑑証明書(使用者)が一致する場合は不要)

 

■軽自動車
・自動車検証(原本)
・軽自動車税納付証明書
・認印

 

3.管轄する運輸支局(陸運局)で手続き

■普通自動車
・移転登録申請書(20円)
・手数料納付書
・検査登録印紙(500円)

 

■軽自動車(軽自動車検査協会で手続き)
・送られてきた書類と用意した書類を窓口へ提出

 

基本的にローンを完済しないと自動車の所有権を自分名義に変更することができません。

 

これは契約上仕方のない事です。上記で書きましたが、完済されない限りは所有者ではなく使用者としての立場になってしまいます。

 

それじゃローンあったら売れないじゃん!

 

なんて思ってますよね?大丈夫です!ローンが残っていてもしっかりと売却することができるんです。その方法を紹介していきます!

面倒なローン手続きを代行してくれる買取店がある!

 

 

ローン返済がまだ残っている車を売る時、所有権解除やディーラー(ローン会社)へローン完済の連絡をしなければならなく、「時間」「手間」そして「お金」が必要になってきてしまいます。

 

「面倒だから車売るの止めようかな…」なんて思ってしまう人も中には沢山います。

 

そんな方へ…

 

安心してください!

 

買取店側がその面倒な手続きを全て代行してくれるサービスがあります!

 

このサービスは大手買取店であればほとんどが行っています。

 

面倒であった「所有権解除」「ローン完済の手続き」を買取店側で全て対応してくれます!

 

管理人が紹介している一括査定サービスでも対応している会社はありますのでご安心ください。

 

 

ローンが残っている車を売却した場合の一例

一般的なローンの清算方法として、買取額をローンの残債に当てるというものになります。

 

例えば、ローン残債が20万円で車の買取金額が40万円だった場合、買取金額からローン残債を差し引いた金額20万円が支払われます。

例:車の買取金額【40万円】- ローン残債【20万円】=20万円振込まれる

 

ではその逆で、ローン残債額の方が買取金額より上回ってしまった場合ですが、基本的に不足分は買取店へ支払うのが一般的となっています。

例:ローン残債【40万円】- 車の買取金額【30万円】=10万円を買取店へ支払う

不足分は新たにローンを組むことができる買取店もあります。

 

ローン残債があって売却を検討している方は、査定依頼の際に相談することをお勧めします。

 

ローン残債のある車売却のまとめ

1.ローンが残っている車も売却できる!

 

2.ローンで車を購入した方は所有者ではなく使用者という立場にある

 

3.自分を所有者にする為には所有権解除手続きが必要になる

 

4.所有権解除など面倒な手続きを全て代行してくれるサービスがある!

 

如何だったでしょうか?「車の所有権って自分じゃなかったんだ…」なんて思っている方もいらっしゃいますよね。契約上、どうしてもローンの完済をしないと所有権というのは変更できません。

 

それでも車を売りたい方に、大手買取店で所有権解除手続きやローン会社への手続きを全て代行してくれるサービスがあるので、面倒な手間もなく車を売却することができます。

 

その為には、一括査定を利用して複数の買取店へ査定依頼をしてみましょう!
 
「愛車がどのくらいの買取額になるのか」
「買取額からローン残債を引いていくらになるのか」
「代行サービス(ローン返済サービス)に対応している買取店はどこか」

 

など、皆さんが車を売却する際に必要な情報を知ることができます!