車のグレードの違いって?

車のグレードの違いって?

 

 

皆さんは車を購入する際、グレードがあるのをご存知でしょうか?

 

そもそもグレードというのは、等級・段階・品等などを指していますが、車のグレードも意味は一緒になります。

 

グレードによって車のランク分けがされているのですが、『排気量・駆動方式・内装・オプション・価格』などかなり違う内容になってきます。

 

例として、2016年8月以降に発売されたトヨタのクラウンのグレードで見てみましょう。

 

 

出典元:http://carview.yahoo.co.jp/

 

大まかに『ロイヤル』『アスリート』と2種類ですが、そこから更に細かくグレードが存在します。

 

 

 

どうでしょうか?外観が一緒に見えても実際はこれだけグレードの種類があります。

 

排気量が変われば税金も変わってきますし、内装のカラーや標準装備も変わってきます。

 

車の用途と維持費の条件は人それぞれ違ってきますので、グレード選びもしっかりと重要になってきます。

グレード別にあるアルファベッドの意味とは?

 

 
「車によってグレードがあることは分かったけど、SとかLとか何の意味があるの?」

 

確かに気になる所ですよね。実はこのアルファベットからどういった仕様の車なのかを知ることができます。

 

下記を見てみましょう。

S ⇒ Sport(スポーツ):スポーツ走行を意識した車

 

R ⇒ レーシング(Racing):レーシングを意識した車

 

C ⇒ Comfort(コンフォート):手軽な価格の車

 

G ⇒ General(ジェネラル):一般仕様の車

 

GT ⇒ グランツーリスモ:スポーツ性能を取り入れつつ快適性を取り入れた車

 

L ⇒ Limited(リミテッド):特別仕様車

 

X ⇒ 未知の、未知なるもの・最先端装備使用車

 

D ⇒ Diesel(ディーゼル):ディーゼルエンジン車

 

メーカーによって呼び名が変わったりグレードのランク分けも変わったりしますが、大体このような意味合いがあります。

 

ちなみに2.0や3.5などの数字は排気量を表しています。

 

新車や中古車を購入する際、営業の人は少しでも利益が出るようグレードの高い車を勧めてくる場合もあります。

 

そんな時の為にも、グレードや排気量などは事前に調べておいた方が良いです。

 

車に速度・加速を求めていないのに排気量の高い車を勧められて購入してしまったら、それだけで税金が高くなってしまい、余計な維持費が掛かってきてしまいます。

 

内装に関してもですが、レザー張りと布張りの二種類があったり、インテリアの色も違ってきたりします。

 

外観が一緒でもグレードの違いによって様々な部分が変わってきてしまいますので、車を購入する際は気を付けるようにしましょう。