レギュラーとハイオクの違い

レギュラーとハイオクの違い

 

 

皆さんは、車のガソリンで「レギュラー」「ハイオク」の違いを知っていますか?

 

二つのガソリンの違いについて意外と知らない方もいるのではないでしょうか?

 

「純度が違うんじゃないの?」

 

管理人も最初は、ガソリンに対して不純物がどれくらい入ってるかの割合で変わるものだと思っていました。

 

実は、レギュラーとハイオクの違いというのは自己発火のしにくさ(燃えにくさ)になります。

 

「ガソリンは燃えやすい方がエンジンがしっかりと動くんじゃないの?」

 

そもそもエンジンはどうやって動いているのかを知っていますか?

 

エンジンは簡単に言うと、酸素とガソリンの混合ガスを吸い込み圧縮させスパークプラグと呼ばれる部品で火花をだして着火させます。混合ガスに着火させることで爆発を起こし、エンジン内のピストン押してを動かします。この一連の動作がエンジンの動力源となります。

 

なぜ「自己発火しにくさ」を重視するかというと、簡単に発火してしまう燃料を使用して混合ガスを圧縮させることでスパークプラグで着火する前に熱で引火をしてしまうことがあります。このような異常燃焼を「ノッキング」と呼ばれており、エンジンにとってかなりの負担を与えてしまいます。

 

そういった観点から、発火しにくい燃料を使うことでノッキングが起きずエンジンに負担をかけずに済みます。

 

レギュラーとハイオクどちらが燃えにくい燃料なのかと言いますと

 

レギュラー ≦ ハイオク

 

ということですね。

 

レギュラーとハイオクで燃えにくさが違うのは分かったかと思いますが、実はしっかりと区別するための規定があります。

 

規定というは、ガソリンの燃えにくさを数値で表すものであり、それを「オクタン価」と言います。この数値は最大100まであり、数値が高ければ高いほど燃えにくいということになります。

 

レギュラーであれば89以上、ハイオクであれば96以上無ければ認められません。

 

オクタン価が高いガソリンにはイソオクタンが多く含まれています。イソオクタンが多いことで耐ノッキング性能が高くなるため、ノッキングが起こりにくくなります。

 

ハイオクがレギュラーより高い理由として”オクタン価が高いから”ということになります。

レギュラー車にハイオクを入れてはダメ?

 

 
「レギュラー車にハイオクって入れていいの?」

 

確かに気になる所ですよね。レギュラー車なのにハイオク入れると良くなるのか?それとも悪くなるのか?

 

結論から言いますと、レギュラー車にはハイオクを入れても問題ないです。ハイオクはオクタン価が高いのでノッキングが発生しにくくなります。燃費も少しだけ良くなります。

 

しかし、正直言ってレギュラーからハイオクに変えてまで入れる必要は無いかなと思います。

 

理由は、ハイオクはレギュラーに比べてリッター数円高いです。毎月ガソリンにかかるお金を増やしてまで燃費を少し向上させても、得はしていないと思います。

 

ノッキングに関してもそうですが、レギュラー車はレギュラーガソリンに合わせた圧縮率に設定されているので、余程のことがない限りノッキングになるようなことはないです。

 

では逆に、ハイオク車にレギュラーガソリンを入れたらどうなると思いますか?

 

レギュラー車と違い、ハイオク車にレギュラーを入れてしまうと燃費が悪くなり、更には本来の性能を落としてしまいます。

 

なぜかと言いますと、レギュラー車と同様ハイオク車はハイオクに合わせた圧縮率に設定している為、オクタン価の低いガソリンを入れてしまうと圧縮率が弱くなりガソリンの性能をうまく引き出せなくなり、エンジンに異常を起こしてしまう原因にもなってしまいます。

 

そうならないよう、ハイオク車にはハイオクを入れるようにしましょう。

レギュラーとハイオクの違い -まとめ-

 

 

如何だったでしょうか?「純度が違う」という意味合いとは違うことが分かりましたよね。

 

レギュラーとハイオクの違いは純度ではなく、燃えにくさ・耐ノッキング性を示す数値「オクタン価」の高さが違うということになります。

 

オクタン価が高ければ高いほどガソリンとしての性能は良くなります。

 

しかし、ハイオク仕様車にハイオクよりオクタン価の低いレギュラーガソリンを入れてしまうと故障の原因になる可能性があります。車種によって指定されているガソリンが違うので、車に合ったガソリンを給油するようにしましょう。