売却契約成立後のキャンセルは出来る?キャンセル料を詳しく解説!

売却契約が成立した後にキャンセルは可能?

 

 

車を売却する時は買取店やディーラーなどで査定をしてもらい、納得のいく査定額であれば売却の契約をお店と行います。

 

しかし、いざ売却となった時に『他の買取店の方が査定額が高かった』『やっぱり車が必要だから』など事情が変わり「売却を止めたい」となった場合、売却契約のキャンセルはできるのか?皆さんはどちらだと思いますか?

 

答えはキャンセルすることができます。

 

しかし、注意してほしいのがタイミングによってはキャンセル料がかかってきてしまいます。

 

ではどのようなタイミングだとキャンセル料がかかってきてしまうのか?これは買取店によって違ってきてしまいます。

 

基本的なキャンセル料がかかるタイミングというのは

 

・車や必要書類を引き取ってもらった

 

・買取店が陸送などで車を運んだ後だった

 

・一定期間以降のキャンセル

 

となっています。

 

車や必要書類が買取店に行き渡っている場合や陸送などで車を運んだ後になってしまうと、実際に買取店が負担した費用は全てキャンセル料としてかかってきてしまいます。

 

一定期間というのは、買取店によって変わってきます。買取店側で決めた期間より過ぎてしまうと、キャンセル料がかかってきます。キャンセルすることが決まった段階ですぐに連絡を入れてキャンセルの断りを入れるようにしましょう。

 

そもそもなぜキャンセル料が掛かるのかと言いますと、売る側の諸事情でキャンセルとなると買取店側に「損害」が出てきます。買取店では売却手続きの書類を作成したり、出張査定の段取り、車の陸送等色々と経費が出てきます。

 

タイミングによっては買い手が決まっていたり、中古車オークションに出品予定だった等もあります。そういった経費として掛かった金額や次の買い手が決まっている状態でのキャンセルという形になってしまうと、買取店側では「損害」となってしまうのです。

 

その「損害」を賠償という形でキャンセル料が発生してしまいます。

 

逆に、買取店側で一切の損害が出ないタイミングでのキャンセルは一円もかかりません。

 

タイミングによってはキャンセル料が発生したりしますので、キャンセルが決まった時点ですぐに連絡をするようにしましょう。

 

 

 

ズバット車買取比較はこちら!

 

提携している有名買取店一覧
 


 
トップページ 一括査定ランキング 一括査定の申込み方 申込みから売却までの流れ 車のFAQ